広島の注文住宅・リフォーム・不動産売買なら広島市西区の友愛不動産建設へご相談ください。

友愛不動産建設株式会社

戸建住宅

「在来工法」についてConventional method of construction

「在来工法」について

在来工法は健康を考えた住宅です。

在来工法は健康を考えた住宅です。

環境にやさしいコルクの部屋や木の温もりを感じる部屋など健康を考えた住宅です。
日本は四季があり湿気が多い環境で、日本建築はその風土に合わせて作られ、発達してきました。

木材を使用した昔ながらの木造の在来工法の家は、季節、風土に最適で和の魅力あふれる工法といえます。

木の性質を十分に生かすことのできる在来工法で温かみを感じてください。

在来工法とはどんな工法?
在来工法とはどんな工法?

一般的に、木造建築といえばこの工法になります。

この工法は、柱・梁・筋交い・構造用合板などで構成されている、日本の伝統的な工法です。木の「軸」を組み立てることで、「フレーム状」に建物を支える構造になっています。柱で支える建物は日本の昔ながらの建物なので『在来』と呼ばれています。

ふすまや障子で仕切り、縁側に掃き出し窓を並べた和風住宅のように、比較的間取りに融通がきくことと、大きな開口部をつくることができるのが特徴です。

ページの上部へ

「2×4工法」について2 × 4 construction method

「2×4工法」について

正式には枠組壁工法と呼ばれるものですが、一般的には2×4工法(ツーバイフォー)と呼ばれています。

この工法と在来工法との違いは、壁、床、天井などの「面」と枠組材が一体となった「床面」や「壁面」で建物を支える構造であるという点です。
そうすることで、面全体で外力を受け止め分散させることになり、ゆがみや撓みが起きにくく、地震や強風、雪などに対して高い強度を発揮します。

「2×4工法」の構造

また、その特徴は「安定した品質」と「合理的な施工方法」にあります。
一般的に在来工法は材料の種類も数量も多く、現場での施工に手間がかかります。また、職人の腕や材料の質によって品質が左右されます。
一方ツーバイフォー工法では構造材や合板、せっこうボード、金物のすべてが規格化されており、構造材の接合方法も在来工法に比べシンプルなものです。よって施工プロセスで品質にバラツキがほとんどありません。

ツーバイフォー工法を使った例として、木質系の「プレハブ」があります。この工法を使うことで、プレハブの完成近くまでを工場で生産し、最後に現場で組み立てるということが可能になっています。

価格・保証について

施工に関するお問い合わせ、展示場の見学などお気軽にご相談ください。

  • 082-230-1414
  • 営業時間:9:00~19:00(定休日:日曜日)

> メールでのお問い合わせ

ページの上部へ